無料EA【ESCADA】v1.3 特別検証


ESCADA-v1.3 ←公式サイトはコチラ

本日はESCADA-v1.3特別検証を行います。

先日、長期バックテストにて今現在、ESCADAは絶不調期にあると分かりました。

そこで「ドローダウン期や停滞期はどの程度の期間続くのか?」ということを確認したいと思います。

 

検証方法

まず至ってシンプルにバックテストを行う。

気になる期間の日付を確認していくだけです!

MT4のグラフはX軸が取引回数なので、見ため同じ幅でも同じ期間とは限りません。

 

アルパリ-スプ12

アルパリ-スプ12

約4~8ヶ月くらいは停滞する期間があるようです。

 

アルパリ-スプ20

アルパリ-スプ20

約4~13ヶ月程度停滞する期間があるようです。

 

Tickstory-スプ12

Tickstory-スプ12

約4~7ヶ月くらいは停滞する期間があるようです。

 

Tickstory-スプ20

Tickstory-スプ20

約5~10ヶ月くらいは停滞する期間があるようです。

 

まとめ

現在、停滞期を7ヶ月経過しています。

最長で考えると@5ヶ月程度(7月くらいまで)停滞する可能性はあります。

統計的に考えると7ヶ月は折り返し地点なので天底になる可能性が高まっていると私は考えます。

なので、更なるドローダウンも警戒しつつ積極的にチャンスを狙ってみたいと思います。

 

今からESCADA運用する場合は

バックテスト的にドローダウンしたタイミングでスタートするので

更なるドローダウンが来た場合、
いくら負けたら撤退するというようなルールを作成すれば問題無いと思います。

スロットに例えると天井狙いで回すような感覚です(^_^;)

 

こうやってリスク=不確定要素を確認することで、
自分自身の「心の整理」と「運用方針の決定」ができます。

ぜひ皆さんも自分自身に置き換えて確認してみてください。

 

ESCADA-v1.3EAダウンロードは公式サイトから

今回のようなkawasumi検証記事を自動で受け取りませんか?

RSS fxonフォローボタン


kawasumi選出 カンブリア宮殿格言とか

fxonでkawasumiをフォローする