【超本気!!コラム】第4回 投資信託会社は本当にプロなのか?


超本気 ←バックナンバー一覧はコチラ

kawasumiが本音でシステムトレードを考えるコラム第4回です。

kawasumi独自理論を好き放題に語ります。

 

本日のテーマ 「投資信託会社は本当にプロなのか?」

最近りそなが公的資金を完済できる見通しがたったそうです。

それに伴い「個人向けに資産運用会社を設立する」とニュースがありました。

それを聞いて私は「ふざけてる!」と思いました。

 

プロならば自分たちの資産を運用して増やせば良いじゃない。

儲かると言うなら、なんで個人からお金を集めようとしているのか?

 

私の見解

他人のふんどしで相撲を取りたい。→自己資産でリスクを背負いたくないだけでしょ?

個人相手なら成績が悪くても大して怒られない。→自己責任という便利な言葉がある

運用会社は名ばかりで手数料収入を狙ってるんでしょ?

 

プロという言葉に気をつけろ!

私達プロにお任せください!

なんていう営業マンが居たら確実に疑ってください。

本当に儲かると信じているなら「営業マン自身が運用しているはず」ですからw

↑ そんな奴には「損失補償してくれるならOKですよ」と言ってあげて下さい(o゚▽゚)o

 

他人の金を運用しているからプロなのか

単に投資関係の仕事に就いているからプロなのか

投資商品を企画販売するプロなのか

安定した運用益を出しているからプロなのか

商品説明が上手いプロなのか

その気にさせるのが上手いプロなのか

投資助言業登録しているからプロなのか

 

色んなプロがいると思います。

私が認めるプロは「長年安定した利益を出している人だけが資産運用のプロ」です。

本当に運用で利益を提供できると思っているのか?

仲介料や手数料で儲けたいと思っているのか?

 

結局、判断できるのはデータであり実績です。

システムトレードで言うとバックテストデータでありフォワード実績です。

どんなに身なりが立派な人であろうとも

データや実績なしには信用してはいけないのです。

 

NISAは儲からない(おまけ編)

株式市場に資金を集めようと始まったNISA。

安倍さんの株価上昇マジックの一翼をになっているNISAです。

 

勘違いしている人が多いと思いますので説明します。

NISAは非課税制度であり利益保証制度ではありません。

なので運用失敗すれば当然損失になります。

NISA=儲かる

というようなイメージさせる宣伝を見ると「人を馬鹿にしてんのか?」と思ってしまいます・・・・

 

今現在のkawasumi認定EA

「Forex Solid」と「EGOIST」だけです。

これらのEAは「システムトレードで喰ってくぞ!」という開発者の気持ちを感じます。

簡単に言えば、5年後も現役で使えるであろうEAです。

↓ データ公開してますので是非ご自身で確認してみてください。

Forex Solid EGOIST

↓↓ 「fxonに慣れてない人」や「初めての方」向けのマニュアル用意しました! ↓↓

 EGOIST導入バナー

今回のようなkawasumi検証記事を自動で受け取りませんか?

RSS fxonフォローボタン


by kawasumi



kawasumi選出 カンブリア宮殿格言とか

fxonでkawasumiをフォローする